女性の味方”アイピル”

アイピルの主成分レボノルゲストレルは黄体ホルモンの働きを持ち、アイピルだけではなく様々なピルに配合されています。

レボノルゲストレル

アイピルは通販でのみ購入出来る

アイピルは有効成分として「レボノルゲストレル」という成分が使用されています。このレボノルゲストレルというのは、ホルモン製剤と呼ばれる人間の体内で分泌される生理活性物質を模倣して作られた医薬品です。

レボノルゲストレルは女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの働きや仕組みを模倣して製造されているホルモン製剤で、多くの避妊薬に使用されています。使用効果としては、女性の体を妊娠の準備状態となるように変化させ、月経周期を決定するような働きがあります。元々黄体ホルモンというのは排卵後に分泌され、子宮内膜を着床に適した状態へと変化させる働きがあります。しかし黄体ホルモンを体外から取り込むと、子宮内膜が成熟するのを抑制し、受精卵が着床しにくい環境を作り出します。

したがって、人間に対してレボノルゲストレルを投与し、体内で生成される黄体ホルモンに上乗せするようにレボノルゲストレルの作用を働かせると、身体は既に排卵が終わったものだと錯覚を起こします。そうすると子宮内膜が成熟した後に剥がれ落ちて体外へ排出され、その後成熟が抑制されるため、受精卵が子宮内にやってきた際にも着床しにくい、もしくはできないような状態になっているのです。

卵胞ホルモン

人間などの動物の体内で分泌される生理活性物質の1つに、女性の生理現象に関係する黄体ホルモンという物質がありますが、黄体ホルモン以外にも卵胞ホルモンと呼ばれるものが存在しています。

卵胞ホルモンというのは第二次性徴の際に女性の体内で多量に分泌されるようになる性ホルモンです。エストロゲンは卵巣内で成熟した卵胞、成熟卵胞の働きによって分泌が始まります。エストロゲンが分泌され始めると、子宮内膜が増殖し始め、妊娠をするための準備が子宮内で発生し始めます。そのため、卵胞ホルモンが体内で正常に分泌されるかどうかというのが、性行為の際に妊娠するかどうかに非常に大きな影響を及ぼします。

混合ホルモン剤

黄体ホルモンと卵胞ホルモン、この2つの生理活性物質を模倣して作られたホルモン製剤を組み合わせた物が「混合ホルモン剤」と呼ばれる医薬品です。混合ホルモン剤は一般的に低用量ピルと呼ばれる医薬品のことで、低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンを模倣した成分が使用されています。子宮内膜の増殖を促す効果、そして子宮内膜の成熟を促す効果を併せ持ったホルモン製剤のため、一見すると非常に高い妊娠率が得られそうに感じますが、実際はそういった効果はなく、服用すると非常に高い避妊効果を発揮します。

まず低用量ピルを服用すると、体内に黄体ホルモンと卵胞ホルモンが身体に吸収されます。そうすると、2つのホルモン物質が同時に体内に存在している状態にあると脳が認識し、排卵の抑制が起こります。そして同時に、子宮内膜の性質を変化させ、本来であれば厚く成熟するはずの子宮内膜が厚くならないようにします。そうすると、排卵自体が起こらないので受精卵が体内で生成されなくなり、もし受精卵が子宮内にやってきたとしても、子宮内に着床しにくくなるため、妊娠しにくい状態となります。更に低用量ピルの作用によって、子宮頚管と呼ばれる子宮の入口部分にある粘液の性質が変化するため、精子自体が子宮内部に入り込みにくい状態になるので、より高い避妊効果が得られるようになります。

レボノルゲストレルのみのピルもある

避妊に使用される低用量ピルは黄体ホルモン剤と卵胞ホルモン剤を組み合わせた、混合ホルモン剤が有効成分として使用されていますが、避妊薬の中には実は黄体ホルモン剤のみを使用したものも存在しています。黄体ホルモン剤のみを使用した避妊薬は、それぞれ名前をミニピルとアフターピルと呼びます。ミニピルは低用量ピルの服用ができない人のために作られた避妊薬で、低用量ピルとは違い、排卵の抑制効果はないけれども高い避妊効果があるという特徴があります。アフターピルは体内に多量の黄体ホルモンが満ちた状態を作り出し、排卵を遅らせる事によって着床を防止するという作用がある避妊薬で、緊急避妊の際に使用されます。

ミニピル

ミニピルは低用量ピルを使用できない人でも使用できる、経口避妊薬です。ミニピルの特徴として、一般的な低用量ピルには配合されている卵胞ホルモン剤が配合されておらず、黄体ホルモン剤のみが使用されているという点があります。したがって、低用量ピルのように排卵が抑制されることはなく、月経の際には排卵も発生します。そして服用方法も低用量ピルとは違っており、休薬期間を設けず年間を通して服用する必要があります。こういった少々低用量ピルとは違った特徴がミニピルにはありますが、有効成分として卵胞ホルモン剤を使用していないため、喫煙者でも服用ができる、偏頭痛を持っている人でも服用できるといった、非常に大きなメリットがあります。

アフターピル

アフターピルは性行為の際に避妊に失敗してしまった時など、避妊が正常に行えなかった時に服用する、緊急避妊用薬です。アフターピルは有効成分として多量の黄体ホルモン剤が使用されており、服用すると体内が黄体ホルモンで満ちた状態を人為的に作り出します。そうすると本来であれば発生するはずの排卵が遅れ、子宮内膜が排卵よりも先に剥がれ落ち、受精卵の着床が発生しにくくなるため、妊娠してしまうのを回避できます。アフターピルは以前までは非常に副作用が強い医薬品でしたが、現在ではアイピルなど副作用が少ないアフターピルも多く存在しているため、万が一の際にも安全に服用することが可能です。