女性の味方”アイピル”

アイピルは海外医薬品であるため、病院で処方してもらうことはまずありません。通販を利用して購入しましょう。

アイピルは通販でのみ購入出来る

アイピルは通販でのみ購入出来る

非常に優れた緊急避妊効果を持つアフターピルのアイピルですが、アイピルは日本国内での処方や販売に関する認可が降りていない、未承認薬です。したがって、アイピルは産婦人科や婦人科といった、アフターピルの処方を行っている場所へ行ったとしても、処方してもらえません。しかし通常のアフターピルの入手方法とは少々違った、特殊な方法を用いることにより、アイピルを初めとするアフターピルは医療機関を受診せずとも入手することができます。もしアイピルを使用したアフターピルの入手を行いたいと考えているのであれば、通常とは少々違ったアフターピルの入手方法というものについて知ってみましょう。

海外医薬品の通販

アイピルの購入方法について紹介をする前に、まずは海外医薬品と呼ばれる種類の医薬品について紹介します。この海外医薬品とは一体何なのかというと、これはその名前の通り海外製の医薬品のことです。

海外医薬品は日本国内で製造し販売されているものとは違い、海外の製薬会社が製造し販売を行っている医薬品です。海外医薬品は日本人向けではなく、製薬会社が存在する現地の人々、もしくは世界中の国で使用するのを想定して製造されているため、日本人の体格に合った成分量ではありません。つまり日本人が使用するのを想定した仕様での製造が行われていないのです。そしてその関係上、日本国内では海外医薬品の販売に関する認可は下りていません。したがって、日本国内ではこの海外医薬品というのは基本的には販売されていませんし、病院などでも処方されていないのです。

そしてアイピルですが、アイピルもこの海外医薬品に属する医薬品です。したがって、配合されている成分などが完全に日本人の使用を想定して作られたような、日本人のための医薬品というわけではありません。そのため、他の海外医薬品と同様に日本国内での販売や処方が行われておらず、入手するためには少々特殊な手段での購入というものを行わないといけないのです。

アイピルの製造メーカーは?

日本国内では入手が難しい医薬品のアイピル、この製品は一体どこの国のどんな製薬会社が製造している製品なのだろうかという疑問を持つ人もいるでしょう。

アイピルはインドのムンバイに本社をおく製薬会社、ピラマル・ヘルスケアという製薬会社が製造を行っています。ピラマル・ヘルスケアは日本人からすると余り聞き馴染みのない製薬会社の名前ですが、実は世界でもTOP10に入るほどの大手製薬メーカーで、医薬品以外にも金融関係のサービスも行っているような企業なのです。ピラマル・ヘルスケアはアイピルの製造で知名度が高いメーカーですが、それ以外にも吸入麻酔と呼ばれる種類の麻酔薬で世界第3位の市場規模を誇っており、吸入麻酔で使用する麻酔薬の完全な製品を持っている世界で唯一の企業なのです。そのため、アイピルというのは実は世界的に見ても非常に有名かつ技術力のある超大手製薬会社が製造した、非常に優れた緊急避妊薬なのです。

アイピルは通販でのみ購入出来る

アイピルは非常に優れた避妊効果がある医薬品ですが、実はこのアイピルと全く同じ効果を持つ医薬品が存在しています。その医薬品というのは、同じく緊急避妊薬のノルレボです。ノルレボは日本国内での販売や処方に関する認可が降りている数少ない緊急避妊薬です。アイピルと同じく、非常に優れた避妊効果を持っており、使用時に発生する副作用の少なさなどから、日本だけでなく世界中で使用されている、優れた緊急避妊薬です。

アイピルはノルレボと同等の非常に素晴らしい避妊効果を持つ緊急避妊薬ですが、その理由として使用している成分などが寸分違わず同じものを使用しているという理由があります。同じものを利用して全く同じ効果のものを作るのは権利的に問題ないのだろうか、そう感じる人もいるかもしれませんが、実はこういった「模倣して作る」というのは、医薬品に関しては一部許されているものがあります。そしてこのような模倣して作られた医薬品というのは、ジェネリックという名称で呼ばれています。

ジェネリックについて

アイピルはノルレボと全く同じ成分を使用して製造されており、使用時に得られる効果も既存の医薬品と全く同じものであるという特徴があります。こういった「既存のものと同じ成分を使用し、同じ効果が発揮されるように作られている医薬品」というのは世界中に多数存在しています。そしてそういった得長のある医薬品はジェネリックというカテゴリに属する医薬品となります。

ジェネリックというのは、先発医薬品と呼ばれる既存の医薬品の成分や服用時の効果全てを忠実に模倣して製造されている医薬品のことです。したがって、アイピルというのはノルレボに使用されている成分などを全て忠実に模倣し、その上で作られた「ノルレボのジェネリック」なのです。そして模倣して製造するという特性上、販売までに新規開発や新規研究といったものが殆ど必要ないため、販売までにかかる時間やコストが非常に安くなっています。したがって、販売されている物を購入する際には先発医薬品よりも低価格での購入が可能となっているのです。

こういったジェネリックの医薬品というのは、医薬品の製造に関する特許法などが非常に特殊なインドで多数製造されており、世界中で販売されています。したがって、アイピルの製造自体法律上何も問題がないことであり、それを購入して使用するというのも、法律上禁止されている行為でもなんでもないのです。

なぜ病院で処方されない?

アイピルは非常に優れた避妊効果がある医薬品ですが、日本国内の病院などでは処方が行われていません。その理由として、アイピルが海外医薬品、いわゆる未承認薬と呼ばれるものに該当するからです。未承認薬というのは、日本国内での製造や販売といった行為が認められていない医薬品のことです。こういった未承認薬である以上、日本では販売や処方ができず、無断で行った場合には厳しく罰せられてしまうのです。

未承認薬となったままである理由としては、先発医薬品であるノルレボが日本には存在しているから、という理由もありますが、その他の理由としては海外で製造されているからという理由があります。日本国外で製造されている医薬品というのは、日本人向けに特別に製造された医薬品でもなければ、使用されている成分量などが外国人向けのものになっています。したがって、1錠あたりの成分量が日本人の体に多すぎるため、安全性に欠けるといった理由から認可が受けられないのです。そして仮に日本人向けに成分量などを調節した医薬品であったとしても、日本国内で製造を行っていなければ販売などに関する認可は基本的に降りないため、アイピルが日本国内で正式に販売されるまでには、まだ多くのハードルが存在しているのです。

アイピル以外にもアフターピルがあるけど本物?

非常に優れた緊急避妊効果があるアフターピルのアイピルですが、アフターピルと呼ばれる医薬品にはアイピル以外にも先発医薬品のノルレボがありますし、これらの製品とは全く関係のないアフターピルなども存在しています。こういったアイピルと基となったノルレボ以外のアフターピル、これらの製品というのは本物のアフターピルなのでしょうか。答えは勿論Yesです。まずアフターピルというのはノルレボやアイピル以外にも多数存在しています。そしてそれらのアフターピルを基にして作られたジェネリックのアフターピルも、非常に沢山の種類のものが存在しています。したがって、アイピルやノルレボ以外のアフターピルだから偽物という訳ではなく、きちんとした工場で製造されているものであれば、本物のアフターピルと呼ぶことができるのです。