女性の味方”アイピル”

アイピルは避妊に失敗した場合に使うアフターピルです。72時間以内に使用することが望ましいとされています。

正しい使い方で避妊

正しい使い方で避妊

アイピルを使用した避妊というのは、正しい方法で行うことによって初めて優れた効果が得られるようになります。そのため、アイピルを使用して確実に避妊を行いたい場合、正しい使い方を知る必要があります。使用方法を間違えてしまう、誤った認識で使用してしまった場合、本来であれば行えた避妊が行えなくなってしまう事もあれば、本来よりも低い避妊成功率での避妊を行ってしまうこともあります。誤った使用方法であったとしても、妊娠しなかったのであればまだ良かったといえます。しかしもし誤った方法で使用してしまった結果妊娠してしまった場合、発生するのは、望まない妊娠や中絶といった非常に悲しい選択と多くの後悔です。アイピルの効果を確実に発揮させたいという時には、アイピルの正しい使用方法を知り、その上で実際に使用するようにしましょう。

アイピルは72時間以内に使う

まずアイピルの正しい使い方についてですが、アイピルは避妊に失敗してしまった瞬間から「72時間以内」に1錠、水かぬるま湯を使用して経口より服用します。この際に重要となるのは服用までの時間です。アイピルというのは、避妊に失敗してから時間が経過すればするほどに避妊成功率がゆるやかに低下していくという特徴があります。そのため、避妊失敗から12時間、24時間といった比較的まだ早い段階であれば、ゆるやかに成功率が低下している状態にあります。しかし72時間が経過してしまうと、避妊成功率が加速度的に低下していってしまうため、72時間以内か以降かによって、避妊成功率が大きく異なるのです。そのため、もし確実な避妊を行いたいと考えているのであれば、72時間以内にアイピルを1錠服用するというのを忘れずに行うようにしましょう。

その他の注意点としては、服用時の飲み物や服用量に関する注意点があります。医薬品の中にはフラノクマリン酸と呼ばれる柑橘系の果物に含まれる成分による影響を受け、大幅に性質が変化するものや、ビタミンCの影響によって効果が低下するような医薬品もあります。したがって、アイピルを服用する際には水かぬるま湯を使用して服用するようにしましょう。また、アイピルは過剰摂取を行ったとしても避妊効果が高まることはないため、1回の緊急避妊で1錠の服用で十分な効果を発揮してくれます。そのため、より避妊成功率を高めようとして過剰摂取をするというのは避けるようにしましょう。

早く使えば避妊確率が高くなる

アイピルを使用する上で憶えておくべきこととして「72時間以内であればいつ服用しても問題ない」という点があります。アイピルを服用する際、72時間という時間が非常に重要となってきます。72時間を超えると避妊成功率が大幅に低下するためです。したがって、アイピルを服用する際には72時間以内の服用を意識する必要があります。そしてアイピルの使用効果というのは、早ければ早いほどに高くなります。具体的な確率としては、避妊失敗から24時間以内の服用であれば98%、24時間以上48時間以内であれば97%、48時間から72時間で95%と言われています。そのため、72時間ぎりぎりになってから服用する必要などなく、アイピルが服用できるのであれば、可能な限り早く服用するようにしましょう。

なぜ時間が決められているのか?

アイピルを使用した避妊を行う際には、72時間以内の服用を行うか否かで避妊成功率が大きく変化します。この72時間という時間がどうして定められたのか、それにはきちんとした理由が存在しています。まずアイピルのようなアフターピルの仕組みというのは、排卵の発生するタイミングを後ろにずらし、子宮内膜への着床を防ぐことによって妊娠を回避するという仕組みです。卵子と精子が受精し、受精卵が卵管を通って子宮に到着するまでには実は6日から7日と非常に長い時間が必要となります。そして子宮内膜というのは、この6日から7日をかけて成熟し、受精卵が着床できる環境を作り出します。

アイピルを服用した場合、この卵管を通って子宮まで受精卵が到達するのに必要な時間が長くなります。そうすると、子宮内で成熟した子宮内膜が受精卵と出会い、着床するまでの間に子宮内膜の崩壊が始まり、生理が起こります。そうすると遅れてやってきた受精卵が着床をしようとした際には、既に子宮内膜が子宮内から剥がれ落ちており、着床できないまま体外へ排出されてしまうのです。

こういった受精卵が子宮に到達するタイミングと生理が発生するタイミングをずらし、確実に生理が発生するためには最低でも3日前後の時間が必要となるため、72時間以内の服用が非常に重要となるのです。

時間を過ぎてしまった場合は?

アイピルは避妊失敗から72時間以内の服用によって、非常に高い避妊効果を発揮します。しかしだからといって、72時間を過ぎた瞬間に避妊成功率が0%まで低下するかというと、そういうことはありません。72時間を過ぎた後であっても、実は避妊失敗から約120時間の間であれば、アイピルは効果を発揮してくれるのです。しかし避妊成功率というのは急激に低下していき、120時間経過するかどうかという段階にまでなると「何もしないよりかはマシ」という程度の避妊成功率となります。したがって、可能なのであればアイピルは避妊失敗から72時間、もしどうしても72時間に間に合わないのであれば、最悪でも120時間以内に服用するようにしましょう。

もしも妊娠を望まないのにしてしまったら?

アイピルを使用した避妊を正しい方法で行った場合、望まない妊娠をほぼ確実に回避することができます。しかし服用するのを忘れてしまい72時間を超え、最後のチャンスである120時間も超えてしまったという時、服用したけれども嘔吐して排出してしまった、そういう時には妊娠の可能性が浮上します。望まない妊娠をしてしまった場合というのは、アフターピルや低用量ピルを使用したとしても妊娠状態を解消することはできず、どうしても産みたくないと考えているのであれば、中絶手術を行うしかありません。中絶手術は身体に対して掛かる負担はもちろん、精神的な負担が非常に大きい手術です。したがって、望まない妊娠による中絶手術という非常に悲しい選択を取るような事態にならなくとも済むように、アイピルは正しく服用するようにしましょう。

併用禁忌薬はある?

アイピルを服用する際、併称してはいけない医薬品は存在しているのだろうかと不安を感じる人がいると思います。アイピルに関しては現在併用により身体に害をなす、併用禁忌薬というものが発見されていません。したがって、特定の医薬品と併用することによって命を危険にさらす事はないので、安心して服用できます。

併用注意薬はある?

アイピルには併用によって命を危険に晒すような併用禁忌薬が存在していません。したがって、常用薬との併用に不安を感じて使用することができないという人も、安心して服用することができます。しかし命に対して危険は及ばずとも、併用によってアイピルの効果を減弱させるような、併用注意薬というものは存在しています。そのため、アイピルの服用を行う際には併用注意薬について、細心の注意を払った上で使用するようにしましょう。

アイピルの併用注意薬は以下のものになります。

  • 抗けいれん薬
  • HIVプロテアーゼ阻害剤
  • 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤

上記3つのカテゴリに属する医薬品というのは、肝臓の薬物代謝酵素を誘導することによって、アイピルの代謝速度を早めると考えられています。したがって、これらの医薬品とアイピルを併用してしまうと、アイピルの効果が減弱してしまい、正常な避妊が行えなくなる可能性があります。

次に特定の食品やサプリメントに含まれる併用に注意が必要な成分ですが、これはセントジョーンズワートという植物の成分を含有する食品やサプリメントになります。セントジョーンズワートは和名をセイヨウオトギリソウと呼ぶ植物で、多くのサプリメントや健康食品などに使用されています。セントジョーンズワートは抗けいれん薬などと同じように肝臓の薬物代謝酵素を誘導しアイピルの代謝速度を上昇させると考えられています。そのため、セントジョーンズワートを使用した食品やサプリメントとの併用によって、アイピルの効果が減弱してしまう可能性があるのです。したがって、アイピルを服用する際にはセントジョーンズワートやセイヨウオトギリソウの成分などを含んだ食品、サプリメントとの併用に注意を払うようにしましょう。